テニス ウィンブルドン選手権【錦織圭】

この記事は約2分で読めます。

現在、テニスのウィンブルドンが盛り上がっています。
女子では世界ランキング2位(元世界ランキング1位)の大坂なおみ選手が、
初戦であっさりと敗戦してしまいましたが、
男子では錦織圭選手が大健闘を見せました!!

【 錦織圭、ウィンブルドンベスト8。】
【準々決勝で芝の王者フェデラーに挑むも、惜しくも敗戦 】

錦織86年ぶり4強入り逃す/ウィンブルドン詳細 - スポーツ : 日刊スポーツ
世界7位の錦織圭(29=日清食品)が、日本男子として、33年佐藤次郎以来86年ぶりに4強入りを逃した。大会最多8度の優勝を誇る芝の王者で、同3位のロジャー・フ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

錦織圭選手は、芝の王者・ロジャー・フェデラー選手から第1セットを先取するも、
その後3セットを連取され、惜しくも逆転負け。

もし、このフェデラー戦で勝利していれば、
日本男子としては、1933年の佐藤次郎以来86年振りの4強入りでしたが、惜しくもそれをを逃しました。

錦織圭選手は、今年の4大大会では、
全豪オープンでノバク・ジョコビッチ選手、
全仏オープンではラファエル・ナダル選手と、
優勝した選手に負けています。

このまま、ロジャー・フェデラー選手が今大会を優勝すれば、
錦織圭選手は、4大大会で3大会連続、優勝した選手に敗れたということになります。
ロジャー・フェデラー選手は、この錦織圭選手との対戦の勝利で、
ウィンブルドン通算最多の100勝目を達成し、
ウィンブルドン最多の8度の優勝を誇る、芝の王者。
そうなる確率は非常に高いですよね。

【錦織圭選手、東京オリンピックに向け復活傾向!?】

2017年には、怪我の為、ツアーから一時期離れていた錦織圭選手ですが、
昨年(2018年)以降、復活傾向にありますね。
4大大会に限って見ても、2018年のウィンブルドン大会以来、
5大会連続でベスト8以上の成績を残しています。

一時は日本人男子歴代最高の4位にまで上り詰めた世界ランキングも、
2017年にはツアーから離れた影響もあり、
維持していた世界ランキングトップ10から陥落し、
2017年の最終ランキングでは22位まで落ちてしまっていましたが、
2018年の年末に1年以上振りにトップ10に復活!!
そして、ここ最近の活躍で、トップ5復活も見える位置まで上げてきました!!

前回のリオデジャネイロ・オリンピックでは、
男子シングルスで銅メダルを獲得した錦織圭選手。
このまま調子を維持してもらって、
来年、東京で行われるオリンピックでは、
ぜひ、前回以上の成績を、
願わくば金メダルを獲って欲しいですね!!

コメント