【ニューアコ】ニューアコースティックキャンプ2019

皆さん、ニューアコースティックキャンプ(New Acousutic Camp)(通称:ニューアコ)という音楽フェスをご存じでしょうか?

ん?スポーツのブログでフェスの話?音楽の話?と思われた方!!
ノンノン!確かに、このイベントは、メインは音楽のフェスなんですが、イベントタイトルにもあるように、「キャンプ」を全面に押し出した、数ある音楽フェスでも珍しいイベント。
音楽好きだけではなく、キャンプ好き、アウトドア好きの方も存分に楽しめるイベントなんです!

【自己紹介】
スポーツブログ始めました!応援しています!2020東京オリンピック・パラリンピック!

こちらの、自己紹介の記事でも書きましたが、私は、昔は音楽で飯を食いたいと思い、フリーターをしながら音楽活動をしていた程の筋金入りの音楽好き!
そして、さらに、アウトドア・キャンプも大好き!
今回の記事では、そんな私が、自信を持っておすすめする、ニューアコスーティックキャンプ【ニューアコ】を特集したいと思います!!

ニューアコースティックキャンプ【ニューアコ】とは?

毎年9月に群馬県利根郡みなかみ町の水上高原リゾート200というゴルフ場で開催される音楽フェスとアウトドア・キャンプが融合したイベント近年、人気上昇中の夏フェスです。

ニューアコースティックキャンプは2010年に山梨県南都留郡道志村の道志の森キャンプ場で初開催。2012年から現在の水上高原リゾート200へ会場を変更し、毎年開催されています。

主催するのはBRAHMAN(ブラフマン)のTOSHI-LOWさん。TOSHI-LOWさんは、現在、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDというバンドもされています(メンバー6人中4人はブラフマンのメンバーです)。

夏フェスランキング1位獲得!!

ニューアコースティックキャンプは、2017年5月に日経新聞が発表した「人気夏フェスランキング」でフジロックやサマソニを抑え堂々の第1位を獲得しています!!

『なんでもランキング 夏フェストップ10』

  1. ニューアコースティックキャンプ(群馬県・水上高原リゾート)
  2. フジロックフェスティバル(新潟県・苗場スキー場)
  3. サマーソニック(千葉市・大阪市)
  4. ワンミュージックキャンプ(兵庫県・三田アスレチック)
  5. ライジングサンロックフェスティバル イン エゾ(北海道・石狩湾新港樽川ふ頭)
  6. ロック・イン・ジャパン・フェスティバル(茨城県・国営ひたち海浜公園)
  7. 頂ーITADAKIー(静岡県・吉田公園)
  8. ジョインアライブ(北海道・いわみざわ公園)
  9. スイート ラブ シャワー(山梨県・山中湖交流プラザきらら)
  10. 中津川 ザ・ソーラーブドウカン(岐阜県・中津川公園)

海外からの大物アーティストも多数参加する「フジロック」や「サマソニ」はもちろん、日本人アーティストが多数参加する「ロックインジャパン」など、おそらくそこまで音楽に詳しくない人でも名前を知っているような日本を代表する音楽フェスを抑えての1位獲得!凄いですね!

ニューアコ最大の魅力!!

『ニューアコ』の最大の魅力は、他の音楽フェスとはひと味違い、山とキャンプと音楽が”そこに同じく在る”こと。

ニューアコの合い言葉

『わらう、うたう、たべる、ねっころがる』が合い言葉。

芝の上に寝転んで、すてきな音楽を聴いて、おいしいご飯を食べる。
ゆっくりのんびり。雄大な自然、良質な音楽、ピースフルな空間を楽しみます。
ゴルフ場の芝の上に寝転んだり、テント張ったり。
ましてや芝の上でBBQしたりなんてことができるのは、このイベントをおいて他にありません!

当然、音楽フェスなので、音楽を聴きに行くわけですが、音楽を聴かなくても十分楽しめる。単純に、キャンプしに行くだけでもホントに楽しめます。
飲食店やアクティビティイベント、ワークショップなどもたくさんあり、音楽以外でも楽しみ方はいろいろあります!
そして、ステージがいろんな場所にあるので、キャンプサイトにいても音楽が聞こえてきたりして。最高の空間ですよ!

老若男女、誰でも楽しめるイベント!

このイベント『ニューアコ』をブログで紹介したい一番の理由は、子供から大人まで楽しめるイベントだからです。

会場内には子供が楽しめるようなアクティビティもたくさん準備されていて、実際、子供連れのファミリーも良く見かけます!
「音楽は好きだけど、小さい子供がいて、野外フェスなんて行けない」というような若いお父さん、お母さんにおすすめです!

若い女性にもおすすめ!インスタ映えもおまかせ!

あとは、若い女性にもおすすめ!

会場内はかわいく、おしゃれな装飾が溢れていて、インスタ映えする写真が撮影できること間違いなしです!!

夜は幻想的な雰囲気に!

夜になるとライトアップが始まり、幻想的な雰囲気に!!
空間アーティストとして参加しているキャンドルアーティストのCandle JUNE(キャンドル ジュン)氏のキャンドルがさらにいい雰囲気を醸し出します!!

肝心要の音楽も!

そして、もちろん、音楽フェスなので、肝心の音楽。
出演アーティストは、私が大好きな「ハナレグミ」のような和み系のアーティストや、
「EGO-WRAPPIN’」のようなおしゃれ系アーティスト。
「チャラン・ポ・ランタン」や、「nakamura emi」「片平里菜」のようなブレイク間近(既にブレイクしてるか?)の注目アーティスト。
そして、人気のJ-POPアーティストも出演します!!
(2016年は、Doragon Ashの降谷建志、CHEMISTRYの川畑要など)
(2017年は、木村カエラ、LOVE PSYCHEDELICOなど。)

距離感がとにかく近い!!

そして、ステージと客席の間にはフェンスなどはなく、アーティストと観客との距離感が近いのも特徴です!!

メインステージの「STAGE yonder」

メインステージですらこの距離感で見られます!!
(人気アーティストの場合は、早めに場所取りすることは必須ですが。)


STAGE nimbus

2015年から登場した「STAGE nimbus」。一番距離感が近いステージ。
一般的な知名度こそ低いものの、音楽好きに注目されているアーティストなどが出演します。
ここで、新たなアーティストを知ることも。
上の画像は、元cutman-booche(カットマン・ブーチェ)の金 佑龍(キム ウリョン)。よほどの音楽好きでないと知らないですよね?
私は、元タワレコ店員ですので、カットマン・ブーチェの頃から知っていてけっこう好きでしたが、タワレコ店員でなかったら知らなかったと思います。
こんな、玄人好みのアーティストも出演します!

それにしても、この距離ですよ!!下手したら、学校の文化祭のステージとかよりも距離感が近いかも!?

このフェス最大の目玉?!世界最大級のフォークダンス!!

そして、このフェスの最大にして再注目のイベント!
それは、世界最大級、そして、最も危険?!(アグレッシブ)なフォークダンス大会!!

【ニューアコ】ニューアコースティックキャンプ【New Acousutic Camp】
ニューアコースティックキャンプ

(動画の4:02頃からフォークダンスが始まります)

音楽好きにも、キャンプ好きにも、男性にも、女性にもおすすめ!!

いかがですか?魅力いっぱいでしょ?
音楽好きにも、キャンプ好きにもおすすめ!
私のように両方好きなら、いっぺんで二度おいしい!!
本当に魅力的なイベントです!!

ニューアコースティックキャンプ2019の開催が正式発表!!

こんな、魅力的なイベントの2019年の開催が正式に発表されました!
しかも、今回は、記念すべき10回目の開催!!
私は、昨年は都合で参加できなかったので、今年は絶対参加したい!!!

2019年9月14日(土)~2019年9月15日(日)に開催!!

ニューアコまで、あと59日

newacousticcamp2019
Just another WordPress site

2019年3月8日(金)  チケット全券種詳細発表!!
2019年3月16日(土) チケット最速先行受付開始!!

チケット最速先行まで、あと0日

ニューアコースティックキャンプ【過去出演アーティスト】

2010年

開催日ステージ出演者
10月16日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
ACIDMAN (acoustic set)
大橋トリオ
COMEBACK MY DAUGHTERS (acoustic set)
BLACK BOTTOM BRASS BAND
STAGE here田中和将 & 高野勲 aka Permanents (from GRAPEVINE)
磯部正文 (ex. HUSKING BEE)
Rie fu
蔡忠浩 (bonobos)
ALBELO

2011年

開催日ステージ出演者
10月15日STAGE yonderSPECIAL OTHERS (acoustic set)
畠山美由紀
Salyu
COMEBACK MY DAUGHTERS (acoustic set)
Predawn
HINATABOCCO
STAGE hereSION with Bun Matsuda
Permanents
hozzy (藍坊主)
TICA
門田匡陽
10月16日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
怒髪天 (acoustic set)
THE DEKITS
STAGE here曽我部恵一
キヨサク (MONGOL800)
齊藤ジョニー & Shoestrings

2012年

開催日ステージ出演者
9月22日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
Char
ORANGE RANGE (acoustic set)
COMEBACK MY DAUGHTERS (acoustic set)
インディーズ電力 (うつみようこ、佐藤タイジ、高野哲)
BLACK BOTTOM BRASS BAND
STAGE here仲井戸”CHABO”麗市
菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet)
Permanents (田中和将 & 高野勲 from GRAPEVINE)
福原美穂
Nabowa (acoustic set)
9月23日STAGE yonder磯部正文 & 平林一哉
高橋優
the band apart (acoustic set)
曽我部恵一
STAGE here土岐麻子
渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET)
PES (RIP SLYME)
albelo

2013年

開催日ステージ出演者
9月14日STAGE yonderEGO-WRAPPIN’
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
THE COLLECTORS
bonobos
LOW IQ 01 & THE ?
STAGE hereFLOWER FLOWER
bird
片平里菜
New Acoustic Candle
J.A.M (piano trio from SOIL&”PIMP”SESSIONS)
STAGE viaうつみようこ
girasoul
伊藤祥平
関取花
9月15日STAGE yonderSPECIAL OTHERS
toe
MACHI café Special Jazz Session
COMEBACK MY DAUGHTERS
東京カランコロン
STAGE hereChar
福原美穂
Keishi Tanaka
BIG AUDIO acoustic DAINI–NITE
STAGE viaTGMX aka SYUTA-LOW TAGAMI (FRONTIER BACKYARD)
藤井一彦 (THE GROOVERS)
荒井岳史 (the band apart)
南壽あさ子

2014年

開催日ステージ出演者
9月13日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
Mini-Atus
安藤裕子
the band apart
SOIL&”PIMP”SESSIONS
STAGE hereハナレグミ with U-zhaan
押尾コータロー
奇妙礼太郎
New Acoustic Candle
中納良恵
Caravan
STAGE via武藤昭平 with ウエノコウジ
つじあやの
T字路s
くもゆき
9月14日STAGE yonderEGO-WRAPPIN’
スガシカオ (solo)
フラワーカンパニーズ
片平里菜
YOUR SONG IS GOOD
STAGE here真心ブラザーズ
salyu × salyu
orange pekoe
JOHNSONS MOTORCAR
STAGE viaPredawn
mabanua with 関口シンゴ
石崎ひゅーい

2015年

開催日ステージ出演者
9月12日STAGE yonderチャットモンチー
真心ブラザーズ
EGO-WRAPPIN’
GOMA & The Jungle Rhythm Section
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
STAGE here浅井健一
THE BACK HORN
GONTITI
New Acoustic Candle
JOHNSONS MOTORCAR
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
STAGE via渡辺俊美
小島麻由美
sugar me
New Acoustic Blues Vol.02
内田勘太郎
STAGE nimbusLOW IQ 01
かみぬまゆうたろう
南壽あさ子
Rei
9月13日STAGE yonderTHE King ALL STARS
ハナレグミ
レキシ
G-FREAK FACTORY
トレモノ
STAGE hereTRICERATOPS
藤巻亮太
COMEBACK MY DAUGHTERS
BIG AUDIO acoustic DAINI–NITE
STAGE via宇崎竜童
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND (soft set)
Rihwa
Hook Book-LOW (谷本賢一郎 & TOSHI-LOW)
STAGE nimbus佐々木亮介 (a flood of circle) / Guest:KOHKI
桐嶋ノドカ
沖ちづる
片平里菜

2016年

開催日ステージ出演者
9月17日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
MONOEYES
降谷建志
ACIDMAN (Acoustic Set)
Panorama Steel Orchestra
STAGE hereハンバート ハンバート
川畑要 (CHEMISTRY)
大森靖子
LITE
New Acoustic Candle
MOROHA
原田郁子とASA-CHANG
STAGE via杉山清貴
Curly Giraffe
松崎ナオ
New Acoustic Blues Vol.03
H ZETTRIO
上田正樹と山岸潤史
STAGE nimbus金佑龍
Michael Kaneko
Keishi Tanaka
焚火の時間
BIG AUDIO acoustic DAINI-NITE
トレモノ〜炎のパフォーマンス
片平里菜
9月18日STAGE yonderEGO-WRAPPIN’
ハナレグミ
ストレイテナー
□□□×the band apart
Hook Book-LOW (谷本賢一郎 & TOSHI-LOW)
STAGE here真心ブラザーズ
フラワーカンパニーズ
NakamuraEmi
佐藤タイジ & 堂珍嘉邦 support by 辻コースケ
KAKUEI ※モーニング・スチールパン
横田年昭 ※モーニング・スチールパン
STAGE via荒井岳史 (acoustic band set)
エミ・マイヤー
一人ピーズ (大木温之)
石崎ひゅーい
STAGE nimbusLOW IQ 01
うつみようこ
向井太一
トレモノ

2017年

開催日ステージ出演者
9月15日STAGE hereBIG AUDIO acoustic DAINI-NITE
(前夜祭)G-FREAK FACTORY
9月16日STAGE yonderEGO-WRAPPIN’
HAWAIIAN6
HY
NICO Touches the Walls
Gotch
STAGE here木村カエラ
ハナレグミ
Awesome City Club
JOHNSONS MOTORCAR
New Acoustic Candle
Salyu
LOVE FOR NIPPON ステージ
青谷明日香
片平里菜
ホリエアツシ
若旦那
STAGE viaチャラン・ポ・ランタン
NakamuraEmi
SCOOBIE DO
Leyona
New Acoustic Blues Vol. 04
近藤房之助
New Acoustic Blues after
TOUCH-ME (遠藤ミチロウ + 中村達也)
STAGE nimbusカミアワズ
Michael Kaneko
浜崎貴司
Predawn
Leola
山﨑彩音
9月17日STAGE yonderOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
ACIDMAN
MONOEYES
ザ・なつやすみバンド
谷本賢一郎
STAGE hereLOVE PSYCHEDELICO
大橋トリオ
ストレイテナー
cinema staff
STAGE via仲井戸”CHABO”麗市 with 早川岳晴
藤原さくら
片平里菜
D.W.ニコルズ
STAGE nimbusLOW IQ 01
Rei
mabanua (minimal set)
THE CHARM PARK

2018年

開催日ステージ出演者
9月14日STAGE hereBIG AUDIO acoustic DAINI-NITE
(前夜祭)真心ブラザーズ
the LOW-ATUS
9月15日STAGE yonder東京スカパラダイスオーケストラ
dustbox
SPYAIR
RHYMESTER
MONOEYES
STAGE herethe band apart(naked)
TOTALFAT+ノブ(the telephones)
チャラン・ポ・ランタン
ACIDMAN
New Acoustic Candle
GOMA&The Jungle Rhythm Section
浅井健一 (Acoustic Set)
STAGE via折坂悠太
NakamuraEmi
Caravan
MOROHA
New Acoustic Blues Vol. 04
blues.the-butcher-590213+うつみようこ
New Acoustic Blues after
ブラフ団[TOSHI-LOW×KOHKI×内田勘太郎]
STAGE nimbus優河
東田トモヒロ
mabanua
LEARNERS
~焚き火の時間~
THE SAKISHIMA meeting
カミアワズ
真心ブラザーズ
9月16日STAGE yonder谷本賢一郎
NICO Touches the Walls
フレデリック
EGO-WRAPPIN’
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
STAGE hereNabowa
FLYING KIDS
スガ シカオ(solo)
ハナレグミ with U-zhaan
STAGE viaリツキ
崎山蒼志
片平里菜
竹原ピストル
STAGE nimbusNEW ACO CARAVAN
Survive Said The Prophet
フラワーカンパニーズ
FIVE NEW OLD
LOW IQ 01

コメント