渋野日向子 惜しくもV逸。

この記事は約9分で読めます。

女子ゴルフツアー・LPGAツアー選手権リコーカップの最終日が行われました!!

AIG全英女子オープン覇者の渋野日向子は、通算7アンダーの2位タイに終わり、
おしくも賞金女王を逃しました。

最終結果

順位スコア選手名Today1234Total
1-11ペ ソンウ-571687167277
2T-7渋野 日向子-270707170281
2T-7古江 彩佳-369727169281
4-6河本 結-573707267282
5T-5イ ボミ271696974283
5T-5鈴木 愛-472737068283
7T-4岡山 絵里-171727071284
7T-4ペ ヒギョン-173697171284
7T-4申 ジエ-475707168284
10T-3吉本 ひかる073707072285
10T-3比嘉 真美子-371776869285
12T-2上田 桃子173707073286
12T-2小祝 さくら174716873286
12T-2イ ミニョン-171737171286
15T-1テレサ ルー367707575287
15T-1全 美貞173717073287
15T-1原 英莉花-172756971287
181新垣 比菜076687372289
19T2柏原 明日架370766975290
19T2勝 みなみ075697472290
19T2菊地 絵理香-175737171290
22T3アン ソンジュ474707176291
22T3三ヶ島 かな272707574291
22T3黄 アルム-174767071291
25T6エス ランクン377736975294
25T6穴井 詩074767272294
27T7髙橋 彩華374757175295
27T7李 知姫273747474295
27T7フォン シャンシャン176776973295
309稲見 萌寧274747574297
3111成田 美寿々374747675299
3212淺井 咲希176807173300

トップと2打差3位からスタートした渋野選手。
最終日は、3バーディー、1ボギーの70といまいちスコアを伸ばせず。
しかし、最終的には2位タイ。
優勝こそ逃したものの、見事な粘りのゴルフでした!

この最終戦は、
賞金女王がかかった大事な一戦。

最終戦開催前の時点では、
ランキング1位は鈴木愛。2位が申ジエ、3位が渋野日向子という状況でした。

渋野選手が賞金女王になる条件は、

  • 優勝し、鈴木が2位タイ以下
  • 単独2位で鈴木が10位以下かつ申が3位以下

ホントにあと一歩でしたね。

渋野選手 年間最優秀賞を獲得!!【メルセデスランキング】

国内女子ツアーはこれで全日程が終了。
惜しくも約757万円届かず賞金女王を逃した渋野選手でしたが、
メルセデスランキングでは1位となり、年間最優秀選手賞を獲得しました!

順位氏名合計ポイント成績ポイントラウンド数優勝回数獲得賞金試合数
1渋野 日向子555.5pt455.0pt100.5pt4¥152,614,31431
2申 ジエ538.0pt452.0pt86.0pt3¥142,277,19527
3鈴木 愛487.5pt406.5pt81.0pt7¥160,189,66525
4イ ミニョン479.5pt380.5pt99.0pt2¥105,755,16231
5ペ ソンウ467.5pt369.5pt98.0pt2¥127,554,55630
6小祝 さくら438.0pt318.5pt119.5pt1¥82,982,07139
7穴井 詩434.5pt313.0pt121.5pt1¥86,978,53439
8河本 結405.5pt305.0pt100.5pt1¥88,025,90632
9岡山 絵里403.5pt298.0pt105.5pt0¥72,084,13532
10勝 みなみ371.5pt283.0pt88.5pt2¥76,449,92832
11黄 アルム365.5pt265.0pt100.5pt1¥66,241,53833
12上田 桃子365.0pt270.5pt94.5pt2¥81,089,99129
13ペ ヒギョン334.0pt237.5pt96.5pt0¥50,511,93332
14高橋 彩華327.0pt218.5pt108.5pt0¥55,289,17838
15比嘉 真美子321.5pt235.0pt86.5pt1¥61,063,88330
16原 英莉花320.5pt211.5pt109.0pt1¥70,769,92736
17テレサ・ルー302.5pt210.5pt92.0pt0¥50,408,47830
18稲見 萌寧296.5pt219.0pt77.5pt1¥71,873,33827
19柏原 明日架296.5pt186.5pt110.0pt2¥74,962,10637
20全 美貞289.5pt190.0pt99.5pt0¥46,174,35532
21松田 鈴英285.5pt183.5pt102.0pt0¥37,674,25734
22三ヶ島 かな274.5pt172.0pt102.5pt0¥49,878,29135
23イ ボミ273.5pt185.0pt88.5pt0¥52,278,50029
24菊地 絵理香272.0pt162.5pt109.5pt0¥46,437,65335
25成田 美寿々269.0pt181.5pt87.5pt2¥64,816,98630
26吉本 ひかる266.0pt159.0pt107.0pt0¥43,590,21136
27新垣 比菜260.5pt163.0pt97.5pt0¥43,890,01033
28笠 りつ子239.5pt144.0pt95.5pt0¥39,229,25032
29アン ソンジュ238.5pt173.0pt65.5pt0¥53,126,33923
30酒井 美紀230.0pt125.5pt104.5pt0¥27,801,80037
31永井 花奈225.0pt118.0pt107.0pt0¥32,840,99237
32青木 瀬令奈224.0pt118.0pt106.0pt0¥33,399,92338
33大里 桃子207.0pt95.5pt111.5pt0¥30,744,34238
34淺井 咲希204.5pt91.0pt113.5pt1¥37,040,30939
35葭葉 ルミ203.5pt99.0pt104.5pt0¥30,628,04938
36エイミー・コガ201.5pt105.5pt96.0pt0¥29,806,50032
37S.ランクン199.5pt113.0pt86.5pt1¥39,149,73730
38福田 真未197.0pt105.5pt91.5pt0¥29,983,32833
39永峰 咲希196.5pt93.5pt103.0pt0¥26,084,07034
40宮里 美香190.5pt113.5pt77.0pt0¥34,930,74426
41金澤 志奈188.0pt98.5pt89.5pt0¥23,761,51131
42大城 さつき187.0pt87.5pt99.5pt0¥25,650,95134
43有村 智恵183.5pt94.5pt89.0pt0¥32,396,66630
44森田 遥180.5pt89.0pt91.5pt0¥23,008,40433
45大西 葵172.0pt83.0pt89.0pt0¥28,049,40035
46篠原 まりあ168.5pt79.0pt89.5pt0¥25,813,28535
47ユン チェヨン167.5pt86.0pt81.5pt0¥28,242,57028
48蛭田 みな美167.5pt78.0pt89.5pt0¥20,334,55034
49脇元 華165.0pt63.0pt102.0pt0¥25,703,92834
50藤田 さいき163.5pt78.5pt85.0pt0¥19,746,21334

メルセデスランキングとは?

LPGA ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するランキング。

日本女子プロゴルフ協会ホームページより https://www.lpga.or.jp/stats/2019/mercedes

真の賞金女王は渋野選手!?

惜しくも賞金女王を逃した渋野選手ですが、
実は、「真の賞金女王は」渋野選手がと言われていることは、
皆さん、ご存じでしょか?

実は、渋野選手の今シーズンの獲得賞金¥152,614,314には、
AIG全英女子オープン制覇で獲得した$675,000(日本円で約7300万)は含まれておりません。

男子ツアーでは、4大メジャー大会での獲得賞金は100%、日本ツアーの獲得賞金に含まれます。
また、記憶に新しいのは、
今年から始まった「ZOZOチャンピオンシップ」の賞金。
優勝賞金が、日本円で約2億円と超高額!!
もし、この大会で日本人選手が優勝してしまうと、
この大会だけで賞金王が決まってしまうとの懸念から、
獲得賞金の50%を加算するということになりました。

話は戻り、渋野選手が全英女子で獲得した賞金を、
獲得賞金に加算すると、獲得賞金は2億円を超え、
仮に、賞金加算額50%、もっと言えば30%しか加算されなかったとしても、
渋野選手は賞金女王を獲得していたことになります。

一時期、日本の女子ゴルファーが、
海外のメジャー大会などの参加資格を得ても棄権し、
日本ツアーを優先することが問題になったことがありましたが、
このような制度がある以上、
海外ツアーに挑戦しようという女子ゴルファーがなかなか現れにくい状態は変わらないでしょう。

後述しますが、
今年の女子ゴルフツアーは、
渋野選手が全英女子で優勝したことにより、
ゴルフファンはもちろん、今まで、あまりゴルフにあまり興味のかった方までも巻き込んで、
大きな話題となりました。

確かに、優秀な人材が海外ツアーに流出してしまうという懸念はありますが、
渋野選手のようなスター性のある選手が海外で活躍することが、
日本のゴルフツアーの発展にも繋がるのではないでしょうか?

世界で活躍する選手をもっと輩出するためにも、
この制度は改善が必要でしょうね。

シブコ・フィーバーに沸いた1年

渋野選手が全英女子を制覇して以降、
日本の女子プロゴルフツアーは非常に注目されました!!

海外メジャーを初出場にして初制覇。
しかも、これは、日本人としては42年振り。

ツアールキーでありながら、賞金女王レースでは2位。

さらに、メルセデスランキングでは1位で、
年間最優秀賞を獲得。

渋野選手が今年成し遂げたことをこうして羅列するだけでも、
非常に凄い実績ですが、
渋野選手の凄さは、ゴルフの実績だけではありません。

渋野選手のそのキャラクターが注目され、
スポーツニュースやワイドショーなどで度々取り上げられ、
また、渋野選手が、全英女子オープンで食べていた、
よっちゃん食品工業株式会社の「タラタラしてんじゃね~よ」がバカ売れしたりするなど、
その経済効果も計り知れません。
その結果、話題の人物やキーワードが及ぼした経済波及効果などをもとに
「SMBCコンサルティング」が発表する2019年の「ヒット商品番付」で、「大関」にランクイン。
ゴルフ界では史上3人目、個人単位では05年に宮里藍が「関脇」としてランクインして以来の快挙。

さらには、「スマイリングシンデレラ/しぶこ」として、「流行語大賞」にもノミネートされるなど、
シブコ・フィーバーに沸いた1年となりました!!

次の目標は東京2020オリンピック日本代表!!

渋野選手は、久しぶりに日本女子プロゴルフ界に現れたヒロインですので、
このまま順調に、ステップアップしていって欲しいですね。

まずは、来年行われる、TOKYO 2020オリンピックの日本代表に選ばれること。
そして、今年なし得なかった、賞金女王の獲得。

もちろん、海外メジャーにも挑戦して欲しいですし、
再来年くらいには、海外ツアーでも活躍する姿が見てみたいです!!

兎にも角にも、今年はいろいろな意味で大変な1年だったでしょうから、
オフはゆっくり休んでもらい、
来シーズンに向けて、しっかりと鋭気を養って欲しいですね!!

~関連記事~

渋野日向子・日本人史上2人目の海外メジャー制覇!!
2019年8月5日。 今日は、日本のゴルフファンにとって、 非常に嬉しい一日となりましたね!! イギリスで行われていた、 全英女子オープンで、日本の渋野日向子選手が、 日本人史上2人目の、海外メジャー制覇を成し遂げました!!

コメント